KOBE MOTOMACHI 1st STREET 神戸元町1番街

1番街店舗検索
イベント情報
  • 水曜市
  • 夜市
  • ミュージックウィーク
  • もとずきんちゃん
  • もとまち川柳コンテスト
  • お茶会
  • ハートフルセレクション
  • 注目!元町1番街この店この一品
ホンモノ志向の根っからの神戸人が集まる街 神戸元町1番街
元町1番街について

元町の歴史 平成

激動の昭和が終りを告げ、時代は平成へと移り変わりました。1995年(平成7年)1月17日に兵庫県南部を震源とする未曽有の大震災に神戸は見舞われます。阪神大震災です。この阪神大震災により神戸は壊滅的な被害を受けました。しかし、神戸の市民は手を取り合い協力しあいながらこの大きな試練を乗り越え、今なお復興にむけて頑張っています。2004年には元町商店街誕生130周年記念を迎えることができました。これからも年月を重ね皆様と共に元町の歴史を刻んでいきます。

神戸を壊滅させた阪神大震災の悲劇

1995年(平成7年)1月17日火曜日午前5時46分、兵庫県南部を震源地とする観測史上初の震度7の激震が神戸の街を襲いました。6,000人を超える尊い命が奪われ、美しい神戸の街は破壊され壊滅的な被害を被りました。元町エリアも壊滅的な被害を受け、商店街は壊滅状態へとなりました。震災直後、寸断された陸路を守るために元町商店街は24時間、アーケードの灯りをともし続け、市民が安全に通行できる道路を提供しました。
震災直後、生き残った神戸の人たちは悲しみに打ちしがれながらも、『希望』を捨てず、『We Love Kobe』を合言葉に必死に手を取り合い協力しながら年月をかけ、現在まで復興してきました。まだまだ復興は終わっていません。これからもさらに年月をかけ、美しい神戸を創り上げていきます。

神戸の中心・元町から元気を配信

震災後、神戸元町商店街はいち早い復興を目指し組合員が一致団結し、 2004年12月4日「希望」をテーマに、全国から応募された絵を光りのオブジェにして、商店街のアーケードに飾るイベント「希望の灯り」が開催されました。また他にも、様々な工夫をこらしたイベントを開催、なかでも「元町夜市」「元町ミュージックウィーク」「元町誓文拂い」「アートバナーコンクール」「元町キッズウィーク」は元町の風物詩として、内外とわず皆様に愛されております。
昭和
ページトップへ